女性起業家のITを楽しくする!パソコン・スマホスクールMobileWay/モバイルウェイ TEL:080−3081−6412

iphone-androidiPhone・Androidの使い方
iPhone・Androidの使い方 , , , , , , , , , ,

似ているけれどちょっと違う!スマホの基本操作

こんにちは!
MobileWay久下沼ひろこです。

今日はスマホ全般のお話をします。

スマホの操作って普段みなさん何気なくしていると思うのですが、

  • ここではどんな操作を使うの?
  • 今のこの操作ってなんていうの?

と、ふと思ったことはないでしょうか?

そんなあなたにお届けする?スマホの操作方法です。

タップ

日本語の意味:軽く叩く

画面を軽く指で叩く

パソコンで言う、『クリック』は、スマホやタブレットでは『タップ』と言います。

私もうっかり講座中に、『クリック』と言ってしまいそうになることもあります。

でもスマホは、『タップ』が基本です。

ポイントは軽く叩くことです。あまり強く叩くと画面が割れます。(普通は割れませんが・・・)

タップ』を長めに押すことを『ロングタップ』と言います。

※『タップ』の変化型としてiPhoneの3D Touchが使える機種だと、軽く押す『Peek』とさらに深く押し込む『Pop』という機能もありますが、長くなりそうなのでこれはまた別の機会に・・・

タップ』を2回押すことを『ダブルタップ』と言います。

※『トリプルタップ』ができる機種もあります。それもまた別の機会に・・・

こんな時につかいましょう

タップ

  • ボタンを押したい時
  • 改行する時
  • トグル打ち(携帯電話と同じ方法)で文字入力する時
  • ホーム画面(もしくはアプリ一覧)からアプリを開きたい時 等

ロングタップ

  • アプリを削除したい時

ダブルタップ

  • URLや文字を選択したい時
  • 画面を拡大したい時(写真など) 等

スワイプ

日本語の意味:掃く

画面に指を置いて(少し押したまま)軽く滑らせる

この『スワイプ』という操作。実は次に出てくる『フリック』という操作と間違えやすいです。

どちらかというと、『スワイプ』は機能を変更するパネルみたいなのを出す時に使っています。

なので、上から下あるいは下から上へと指を動かして操作します。

AndroidでもiPhoneでもコントロールするパネルを画面上に出す時に使われます。

こんな時に使いましょう

  • コントロールパネル(コントロールセンター)など表示する時
  • 文字入力時に文字種類を切り替える時

フリック

日本語の意味:(指先)などで軽く弾く

画面を軽く指で弾く(指先で画面を軽く弾きながらこする感じ)

『スワイプ』によく似ている操作『フリック』ですが、こちらは文字を入力したり、ホーム画面の移動を行ったりする時に使います。

動かすのは、画面移動の場合は左右に、画面をスクロールする際には上下に動かします。

こんな時に使いましょう

  • ホーム画面を移動する時(左右)
  • 写真の切り替えを行う時(左右)
  • 文字入力(フリック入力)
  • 画面の上下スクロール

※余談ですが、スクロールは日本語の意味はわかりやすく言えば「巻きもの」とか「巻く」の意味。確かに上下に移動する時や左右でも巻きものを巻くようなイメージがありますよね。なるほど。

他にも

『ピンチイン』や『ピンチアウト』という操作があります。

『ピンチイン』は「つまむ」の意味で、拡大した写真などを元のサイズに戻すとき。

『ピンチアウト』は「つまんで広げる」の意味で、写真などを拡大したりする時に使います。

時々ですが、便利な操作なので覚えておきましょう。

まとめ

3大基本操作は

  • タップ(画面を軽く指で叩く)
  • スワイプ(画面に指を置いて(少し押したまま)軽く滑らせる)
  • フリック(画面を軽く指で弾く(指先で画面を軽く弾きながらこする感じ)

となります。

何でもそうなのですが、英語を日本語に変えることで、よりどんな操作をしたいのかわかりやすくなります。

その場所にあった使い方を行うことでよりスマホの操作がスムーズになるので、積極的に使ってみてくださいね。

Category : iPhone・Androidの使い方

コメントを残す





ブログ一覧へ戻る